過払い金返還請求の流れ

  融資額で選ぶ
  他社借入れ件数で選ぶ
銀行系おまとめローンの審査基準ランキング
会社別ランキング
楽天スーパーローン
アコム
SMBCモビット
詳しくはこちら
  借り換えについて
  みずほ銀行カードローンについて
  リンク集
  基本メニュー
  乗り換え融資額で選ぶ
  他社借入れ件数で選ぶ
銀行系乗り換えローンの審査基準ランキング
会社別ランキング
みずほ銀行カードローン
オリックスVIPローンカード
SMBCモビット
オリックス信託銀行 バンクプレミア
東京スター銀行乗り換えローン
詳しくはこちら
  リンク集
  基本メニュー


過払い金返還請求の流れ

過払い金があるかもしれない・・・とわかったらどうすればいいのでしょう。
過払い金請求について簡単に流れを知っておきましょう。

【過払いになっている?なってない?】
大まかな目安として20%以上の金利で5年以上返済をしていれば過払い金が発生している可能性はかなり高くなります。インターネットでは「過払いチェッカー」といって債務残高や期間などを入力すると簡単に過払いかどうかを判定してくれるツールもあります。(ただしあまり正確な結果ではないようです)まずはどういった内容の借り入れなのかをできるだけ整理してから、弁護士や司法書士に無料相談をして見ましょう。

【取引履歴の開示要求】
過払いがあるらしいとわかったら、次は債権者に対して、取引履歴を開示するよう依頼をします。開示請求は代理人である弁護士や司法書士がやってくれますが、「どこから借り入れをしているのか」は自分で洗い出すしかありませんので、しっかり思い出しましょう。

【引き直し計算】
取引履歴が開示されたら、利息制限法の上限利息に基づいて返済額を計算しなおします。過去に払いすぎていた利息は元本の返済に繰り入れられ、元本が完済されればそれ以上の分は返金されます。

【交渉】
計算に基づき債権者と交渉をします。万が一債権者と和解が成立しなければ、民事訴訟へと移行します。

ここ最近過払い金について広く知られるようになったため、返還請求に押しつぶされて倒産するキャッシング会社も出てきています。また過払い金返還請求権には最終取引から10年という時効も存在しますので、できるだけ早く相談しましょう。


用途別で探す